タワーディフェンス型のロボットシューティング『X-Morph: Defense』が8月31日よりリリース!

32063658263_7e5015c45e_o.png

「Zombie Driver HD」で知られる開発元EXOR Studiosは、タワーディフェンス型のロボットシューティング『X-Morph: Defense』を8月31日に発売すると発表しました。

本作は地球を侵略する宇宙人として街を侵略し、迫り来る敵を拠点から防衛するというものです。
通常のタワーディフェンスとは異なり、「Dungeon Defenders II」のようにタワーを設置する他に、自身も戦闘機を操作し、タワーディフェンスに加わるものとしています。
他にもマップ上にある高層ビルなども戦略の一つとなり、破壊すればルート上に崩れ落ちて敵を妨害すると同時にルートも変更される仕様となっています。
ルートの変更はビル倒壊だけでなく、特定のタワーを設置することでルートが変更される場合もあります。

また、各ステージに用意されたボスは、素晴らしい造形を持つロボットが登場するので、ロボット好きとしては壊すのは心苦しいものがあります。
一応Coopにも対応していますが、画面分割のみとなっているようです。
対象プラットフォームは、Steam以外にWindows10・PS4・XboxOneとしています。

実際のプレイ画面などは動画をご覧ください。





ソース:Steam
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する