記事一覧

Fallout 4 VR版とVRゲームのこれからの可能性

26031567142_9e08536472_b.jpg


Fallout 4 VR版のレビューをするのは決して私が初めてではないし、ゲーム自体と仮想世界(VR)でのプレイ性について、相反する意見がたくさん出ている。ゲーマーが直面する主要な問題の一つは、期待を下回るVRの機能性だ。
何年もの間、このようなゲームにVRの技術を取り入れるよう要望はあったものの、技術が大変進化した現在でも、Fallout 4のようなゲームをVRで本当に楽しめるようになるには、まだまだ課題が残っている。
例えば問題視されているのが、走ったり、ステルスモードで敵に忍び寄ろうとしても、VRを使って走ることは出来ない為、コントローラーを使ってテレポートしなければならないのでせっかくのリアリティ気分が台無しになってしまうということだ。これらの動きはVRのヘッドセットを使わずにできるので、これでは仮想現実に対するせっかくの期待が裏切られてしまう、と多くの人が指摘してる。

それでも、VRを使ってFallout4をプレイする価値はあるのか?答えはイエスだ!VR版Fallout4に特有の素晴らしい要素がたくさんある。
大変優れたグラフィックや強健なキャラクターとの楽しいゲームプレイはゲーマーをゲームの世界にどっぷり浸からせてくれるだろう。
実際プレイしてみればエクサイティングで価値のある体験を得られる事は間違いない。このVRを導入したゲームは個人的に本当に感銘を受けたので、他のゲームでもVRの導入できないか検証してみた。

VRのエクサイティングな世界の堪能できるのはRPG やFPS ゲームだけという事は決してない。
ゲーム開発者たちは既に世界中のゲーマーにプレイされている最も人気のあるゲームに目をつけている。
となると次のステップはマルチプレイヤーによる対話式なゲームをVR化することだろうか。
例えばカジノなんてどうだろう。自宅でくつろいでいるまま、ポーカーを4Dで遊べることを想像してみて欲しい。チップが落ちてゆき、ケースに入れられるときの振動や、現実のカジノの様な大人の雰囲気を自宅で感じる事が出来る。
世界中で人気を博している韓国の電子機器メーカーサムスン(Samsung)はすでにEntrim4D VR を導入し、この波に乗っている。サムスンによれば、聴覚視覚的にセンセーショナルな経験のみでなく、デバイスを使いながら動きも感じ取れるという事がメリットらしい。
このコンセプトはPCゲームに容易に取り入れられる事ができるのではないか。そうなったとき、ゲーム市場は大きな進化を遂げるのはずだ。

また、オンラインゲーム会社もVRのコンセプトを非常に歓迎している。プレイ時、「現実の様な」感覚を提供する事に力を博してる。例えばロイヤル・ベガス・カジノのテーブルゲームを見ると、いかに現実世界に近いゲームを提供しているかわかるだろう。
ロイヤル・ベガス・カジノは既にバカレー、ルーレット、カジノのホールドエムゲームで、本物のディーラーを使っていることを宣伝しており、それぞれが活気に満ちた視覚・聴覚の体験を提供し、生のカジノ経験の感動にプレイヤーを存分に浸らせてくれる。ロイヤル・ベガス・カジノのようになるべくプレイヤーが本物に近い経験を得られる用作られたオンラインゲームは、VR化するのは案外簡単なのではないのか。元々リアルなゲームがVRを使った場合どれほど面白くなるか想像してみて欲しい!

VRゲームはここ数年の間驚くべきスピードで進化している。ゲーマーたちからの熱い支援が作成者たちの背中を押しているのだろう。となればこれからもVRゲームは進化と改善を繰り返すだろう。今はまだ色々問題があるがVRゲームだが、これからの発展に期待大だ。

関連記事
ここに広告のコードを入れる

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ライター募集中!

検索フォーム

スポンサーリンク

G2A公式パートナー

_QCIELP.png

プロフィール

コースケ(Ciel-Legacy_qp)

Author:コースケ(Ciel-Legacy_qp)
インディー・糞ゲーレビュー:にゃまん

PCゲーに関する情報や様々なModの紹介が中心のブログです。
詳しくはTOP記事を一読お願いします!

カテゴリー

最近の記事とコメント

訪問者カウンター