【ゲームレビュー】 終末的都市で生き残れ -Nether:Resurrected-

nether (8)

プレイヤーはもちろんNetherと言うクリーチャーが蔓延る世界で食料・武器・物資を確保しながら生き抜いていく1人称都市型サバイバルゲーム「Nether:Resurrected」

主な特徴
・1人称サバイバルオープンワールド
・PvEとPvP住み分け出来る鯖
・空腹やスタミナ要素によりリアルなサバイバル
・セーフゾーンと言う安全エリアでのアイテム売買や他プレイヤーとの交流
・多種多様なクリーチャーに対抗出来る数多くのスキルシステム
・生存競争に勝つ為の多くの近接武器と銃
・各鯖に最大64人が接続可能
・オープンワールドの名に相応しく様々な建物に侵入可能


まず、PvE・PvP鯖どちらでもNetherには襲われるのは前提で、
その上でPvPであればプレイヤー同士の殺し合いが起きるので相当慣れてるユーザーで無ければPvPで生き残るのは厳しいでしょう。
初心者の人はシングルで一通り遊び方を理解してからPvEで遊ぶのが良いと思います。
PvE鯖であれば他のプレイヤーに媚びると武器が貰えたり、逆に要求される事があるのが面白いところでもあります。
2015-05-31_00002.jpg
2015-06-09_00006.jpg


たまにRerperの遣いを殺すと大量にアイテムを落とすので、それが堪らなく興奮します。
2015-06-10_00003.jpg

また重量制限システムがあり、そのせいで大量のアイテムを手に入れるとすぐさま重量オーバーになります。
こういうところでバランスを取っているのかもしれません。
Reperの遣いと言うのはReperというゲーム内ボスの付近に生息している他のクリーチャーとは見た目が何も変わらないほぼ運要素が強いNetherの事です。

それにPvE鯖であればゲーム内ボスのReperをプレイヤー全員で狩りに行くという遊びもあって楽しいです。
2015-06-13_00001.jpg


ただこのゲームには少し問題があり、運営が一時期このNetherの運営を放置したせいでバグだらけの鯖が極小という大きな欠点があります。
以前は3種類のゲームpackがあり、名前もNetherと言う名前でした。
現在は価格が下がり名前に復活(Resurrected)と付いて、公式サイト(Facebook)がオープンされました。
それでも着々と鯖は減っており、アップデートも殆ど行われていないです。

もしこのゲームの購入を検討している人がいるならシングルOnlyで遊ぶことを前提で尚且つセールで安くなっている時に購入する事をオススメします。
パラグライダーで空を飛んだり、フラッシュバンで目くらまし出来たりするので気になる人はSteamストアを見てみて下さい。



何かあればコメントお願いします。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する